不倫

no1FirstMail
  • FirstMail
  • 評価5

少しだけ刺激のある出会いを楽しみたい方にオススメのサイトです。出会い探しに便利な機能が充実している人気サイトです!

FirstMailの詳細はコチラ▶

no2SWEET LINE
  • SWEET LINE
  • 評価4

セキュリティがしっかりした優良サイトなので、会員数が多いです初心者の方でも安心して出会いを探す事ができます

SWEET LINEの詳細はコチラ▶

no3フレンズナビ
  • フレンズナビ
  • 評価1

始めて利用する方でも安心のサポートが魅力のサイトです。女性の会員が多く、出会いやすいと評判のサイトはコチラ!

フレンズナビの詳細はコチラ▶

no4大人の出会い
  • 大人の出会い
  • 評価3.5

シンプルで使いやすいだけでなく出会い率も高いと評判のサイトです。会員の年齢層も幅広く、目的に合った出会いが探しやすい

大人の出会いの詳細はコチラ▶

no5愛カツ
  • 愛カツ
  • 評価4.5

ちょっぴり大人の出会いを楽しみたい方にオススメのサイトはコチラ。普段できないような色々な体験をしてみませんか?

愛カツの詳細はコチラ▶

不倫相手の探し方

相手

普通の感覚からすれば、世の中の女性は結婚を機に夫以外との男性関係が無くなるものです。それが男性側の女性に対する期待でもありますし、実際にそういう人は多いと思います。しかし世の中には結婚しても男性関係が無くならないタイプの女性がいます。このような女性は多くの場合仕事をバリバリこなすタイプです。
結婚したからといって独身時代から続く仕事中心の生活を改めず、残業も休日出勤も厭わないタイプです。当然、そうなってくると異性との接触の機会が多いわけですから、不倫に至ってしまう環境が整っていることになります。
おおくの不倫とは無縁な女性からすれば、どうやって不倫をする相手を見つけているの?という感じにもなりますが、実際のところは社会に出ていれば不倫が出来る環境は整いがちで、本人の意識しだいでチャンスは多いのです。
またこのようなタイプの女性の夫は、妻は仕事を持っているのだから帰宅が遅いことがあっても当たり前と思っていたり、あるいは我慢していたりするケースが多いようです。更に言えば妻が不在がちな家庭になることで、夫の側も不倫をしやすくなっているため、互いに分かっていてあえて口に出さないケースもあるようです。
そんな関係の夫婦となると夫婦の間に溝とかすれ違いが更に多くなってくるのです。しかも不倫に至ってしまう女性というのは、本来が「恋愛体質」なのですから、溝やすれ違いが生まれると欲望を持て余し気味になり不倫に至ってしまうのです。
ただそんな男性関係が無くならない女性は、家庭と仕事、更に夫との生活に恋愛・・・といった感じで忙しさが半端ないために、外見上は明るく振舞っていても疲れていることが多いようです。

不倫のメリット

メリット

独身男性を相手にする不倫と聞けば、興味のある方も多いかと思いますが、全ての物事にはメリットとデメリットが存在します。ここではそのうちメリットについて、私自身の経験を踏まえて取り上げてみたいと思います。
まず大きなメリットとしてあげられるのが、相手の家族であったり恋人といった存在をそれほど意識する必要が無いという点です。相手が既婚男性の場合だと、相手の家族の存在を意識せずにはいられませんし、そもそも会うという行為ひとつとっても関係がバレないように安全の確保をする必要があります。また自分の好きなタイミングで会うことが叶い難いということになります。この点、独身男性が相手だと時間の融通も利きます。
私自身の経験を振り返ってみても、やはり既婚男性よりも独身男性の方が様々な面で気楽であったという点は間違いの無いところです。何かに注意を払うにしても、自分の家庭のことだけに気を配っていれば良いですし、そもそも男性は何処か注意力散漫なところがあるので心配ですからね。あと別れたとしても相手は独身なんだから、また恋愛を頑張ってね〜なんて気楽に思えるところが独身男性との不倫のメリットかもしれません。
まぁどんな形であれ不倫というものには、様々なメリットとデメリットが付きまといますが、最後には自分が良かったと思える、そんな素敵な関係を築けるのが良いと思います。

不倫がスタートしたキッカケ

キッカケ

ただただ家族のためを思い仕事をしてきました。若いころは家族のためという思いと周囲の期待もあったため、それが心地よく自分の生活に疑問を持つこともありませんでした。しかし50歳ともなれば、会社員としての自分の着地点も見えてしまい、馬車馬のように働いてきた今までの自分と、これからもそれを続けていく未来に虚しさを覚えてしまったのです。
しかし今さら仕事の手を緩めて家族と共に過ごそうと思っても、既に家族との関係は疎遠という言葉がピッタリな感じです。どこかに心の安らぎを求めようと思っても、会社しか自分の世界は無く、また会社の中では仕事で厳しくしてきたせいか、誰もプライベートでわたしに寄り付こうとはしません。
それでも取引先の事務の女性だけは別でした。それほど多くの会話をしたことがあるわけでは無いのですが、彼女と会話すると心の安らぎを感じることが出来ましたし、また彼女もわたしに好意を持ってくれているように思えました。
わたしはこれまで不倫なんてことを考えたことは全く無かったのですが、この女性となら自分の居場所を見つけられるような気がしました。そしてある日、彼女をお茶に誘ってみたのです。
そして何度か彼女と二人っきりで会っているうちに、自分の中で彼女に対する好意が確信めいたものに変わってきたのです。50歳のわたしが34歳になるとは言え一回りも下の女性にお願いするのは気が引けましたが、正直な自分の気持ちや環境を伝えて、お付き合いをお願いしたのです。
彼女はしばらく考えたあと、快く受け入れてくれて二人の不倫関係がスタートしました。いまでは退社後などを使って週に2回程度のペースで不倫をしています。

よくあるパターンです

パターン

人の集まりであったりクラブ・サークルなどの目的がセックスにある、なんて聞くと妙に違和感というか不自然さを感じてしまいますが、不倫をする目的はセックスですと聞くと、これはなんの違和感も無くしっくりくる話に聞こえるかと思います。
この場合、不倫の相手はセックスフレンドということになります。しかしこれは公の場で言えるようなものではありません。もちろん自分のパートナーにセックスフレンドの存在を言えるわけもありませんし、それ以外の相手や場であっても同様です。やはり不倫やセックスフレンドの存在というものは内密にしておくものです。
しかしセックスフレンドの存在は、自分の内面になる性欲を含む各種の欲望がそれを肯定してしまいます。しかも内密にしておかなければならない制約と背徳感が、より不倫やセックスフレンドの存在を楽しいものに高めてくれるのです。
もちろん不倫だからと言ってセックスをしなくてはならないものではありませんが、不倫という行為の中心にあるのはセックスそのものでしょう。そもそもプラトニックなものを求めるのなら別に隠れて行うことは無いのです。
ただ不倫にしてもセックスフレンドの存在にして、場合によって互いの家庭を崩壊させる危険をはらんでいます。大人のやることだから・・・なんて言い訳では済まされないのです。そんな面倒が身に降り掛かってくる可能性も考えると、なかなか面倒な予感さえも生まれてしまいますね。

不倫相手になったキッカケ

不倫相手

美容室に努めている34歳の男性です。ずっと付き合っている彼女がいますが、常連のお客さんと不倫関係になってしまいました。その女性はもともと先輩が担当していたのですが、お店を退職されたこともあって僕が担当になりました。付き合っている彼女と同い年だということもあって、プライベートな話をするようになり、気が付けば女性に好意を持っている自分がいました。
別に付き合っている彼女との関係は悪くなく、同棲生活も長くなりそろそろ結婚ということも視野に入れるべきタイミングだったのですが、何故か女性のことが気になって・・・いえ好きになってしまったのです。
ただお客さんとして何度も来店されて話をしていく中で、女性が既婚者であることに気付きました。最初は独身なんだと勝手に思っていたので、気付いた時にはショックでハサミを落としそうになりました。好きだけど恋愛対象として見てはいけないのです。
しかし自分の気持ちを納得させることが出来ず、とあるキッカケから女性と不倫関係になったのです。
自分も一緒に住んでいる彼女がいて、女性にも家族がいる・・・当然、頻繁に会うことは出来ないのですが、それでも空いてる時間を見つけて会うことを続けています。実際のところ付き合っている彼女に申し訳ない気持ちもあるし、最低な男だと自分でも思うのですが、これも恋愛の一種かもしれない?なんて思うこともあります。とりあえずは見つからないうちは、しばらく今の形を続けても良いのかな?なんて思っています。

アシュレイ・マディソンよりオススメ不倫サイト